日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

18/06/18【日本代表】19日・コロンビア戦。ピッチの芝生は長め、「細かいパスは奪われやすい」

(写真:Getty Images)

 日本にとって6度目となるW杯の舞台。その初戦の相手が、ブラジルW杯で最後に戦ったコロンビアであることは、何の因果か。そんな関係性や、4年前の悔恨を晴らす思いなど、感情論の側面からしても注目すべき点は多い。ただ、それ以上にいまの日本にとっては、目の前のあらゆる課題と向き合うことこそが、初戦に向けての不可欠な姿勢だと言える。

 ロシアのキャンプ地・カザンに入った日本。コロンビア戦前の最大の懸念材料が、岡崎慎司の状態だ。12日のパラグアイ戦では黒子のプレーで素晴らしい働きを示したが、その試合で右ふくらはぎを負傷。右膝のケガが完調しないまま、何とかコンディションを上げてきた中で、ここにきて別の箇所を痛めるという事態に。17日時点で離脱はなさそうだが、コロンビア戦出場は微妙な状況だ。

 一方、環境面では各会場の芝生が長めの刈り込みとなっており、日本が練習するカザンのグラウンドも同様である。「細かくパスをつなぎ過ぎると、逆に奪われやすい。ただ逆に言えば、裏のスペースに通すパスは止まると思う。そのあたりはチーム全体で頭に入れておきたい」(原口元気)。会場や天候条件を味方につけられる思考とプレー意識は重要となる。

 コロンビアは南米特有の個人技の高さに、ホセ・ペケルマン監督が施す戦術的柔軟性も加味され、紛れもなくクセ者だ。それは4年前に対戦した日本がどこよりも理解している。「なかなか穴がない」と長友佑都も思わず舌を巻く。ただ、今大会は格下と目される国が格上相手に献身的で強度の高い守備組織をベースに健闘する試合が続く。もちろん今回の対戦の構図で言えば、日本がその立場に回る。「4年前を経験している選手もいる。僕らはチームとして“W杯は甘くない”と重々理解した上で戦う」(原口)。

 いよいよやってきたロシアでの初戦。地に足をつけ、日本が難敵に立ち向かう。

文・西川 結城

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.