2018 FIFAワールドカップ ロシア

18/06/12【日本代表】パラグアイ戦先発濃厚。香川真司、逆襲のとき

(写真:Getty Images)

 本田圭佑vs香川真司。西野ジャパンのトップ下争いは、これまで日本を背負ってきた2枚看板による対決構図となっている。

 もちろん両者がけん制する気配はない。本田も「結果を残さないとライバルである真司がいるので」とリスペクトを込めて好敵手を見つめる。

 現状、西野体制になって2試合は、本田が先発出場し、香川はベンチスタート。後半途中からの限定的なプレーになっている。そんな香川にとって、このパラグアイ戦はポジション争いを優位に進める上では大きなチャンスとなる。西野朗監督はスイス戦からのメンバー入れ替えを示唆する中、トップ下の位置に背番号10が先発で入ることは確実だ。

 本田のパフォーマンスが上がってこないところも、香川に期待がかかる理由である。前線から相手をハメにいく守備を目指す西野ジャパンだが、実際の試合ではなかなか機能しない時間帯が続く。特に本田は守備をする意識はあるも動きが重く、敵への寄せのスピードや強度は正直物足りない。スイス戦でもいいように相手にパスを回される場面が散見された。

 所属先のドルトムントで、“ゲーゲンプレッシング”といまやサッカー界では広く知られるハイプレスを経験してきた香川。一見守備が苦手なように見えるが、相手のプレーを限定させていく敵への寄せ方がうまい。スイス戦の大半の時間をベンチで過ごした彼は、いまの日本の守備をこう見つめる。

「サコ(大迫勇也)が前で孤立していた。もう少しトップ下に入る僕や圭佑くん、両サイドの選手が高い位置をとれるならとっていかないといけない。相手にもっとプレッシャーを与えないと。もっと前からいける。相手がイヤがるようなプレスを僕たちはかけていかないといけない」

 パラグアイ戦に向けた非公開の練習では、最前線に入る岡崎慎司とも連係を図った。「プレスのスイッチを、僕と岡ちゃん(岡崎)で入れたい。そこはどんどん汗をかいてやらないといけない」。岡崎もまた、レスターでは果敢なプレッシングで存在感を見せる選手。日本が機能的に守備をするためにも、彼ら前線陣の出来は試合のカギを握る。

 攻撃での貢献に、高い期待がかかるのは言わずもがな。「パスを回すときに、受け手の選手がどのタイミングで受けにいくのか。SBとどう連動するのか。スイス戦は連係が少なくスピードが上がらなかった。細かいところを直すだけでも、改善できる。そこから先は、個人のクオリティーにかかっている」

 2月に負ったケガの影響もようやくなくなってきた。彼もまた、4年前の大会で屈辱を味わった選手。思いを晴らす舞台を直前にし、香川がアクセルを踏む。

文・西川 結城

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.