2018 FIFAワールドカップ ロシア

18/06/12【日本代表】完敗スイス戦。本田と宇佐美、守備の狙いを体現できず

(写真:Getty Images)

 スイス戦に向けて、西野朗監督は「ボール奪取の意識を高めるのは当然。練習でもそこに時間を割いている」と語り、守備面をメインテーマに置いた。全体のラインを初めから下げるのではなく、前線からプレスを掛けて、全体もコンパクトな陣形を保つ。パスをつなぐスタイルのスイスは格好のテスト相手になったが、結果はまったく機能しなかった。

 先制点を与えたのは42分。印象からすれば、ある程度は守備がハマっていたともとることができるだろう。ただ、実際は「あの守備のやり方では、30分間で死んでしまう」と最前線の大迫勇也が話すとおり、柔軟にビルドアップの陣形を変えてくるスイスに、日本の前線は無闇にボールを追い続けるしかなかった。実際にプレッシングが機能してボールを奪った回数は、ゼロ。一度も意図的に奪えなかった。

 前から追う攻撃陣と、場合によってはライン調整をして後方でブロックを作りたい守備陣。「ここの意識をもう一度すり合わせないといけない」と守備のリーダー吉田麻也は語る。全体の意思統一は喫緊の課題で、逆に言えば意識さえ確認すれば、短い時間でもまとめられる修正点だ。パラグアイ戦の注目ポイントである。

 問題は、先発メンバーの人選だ。前線からの守備を機能させたいという狙いを掲げながら、トップ下に本田圭佑、そして左サイドに宇佐美貴史を起用。彼らは案の定、相手を守備でハメ込むには寄せも強度も足りないパフォーマンスに終始した。守備の意識はある。本田も重い動きながらも相手に寄せていき、宇佐美も帰陣は速かった。ただ、ともにボールは奪い切れない。これでは意味がないのである。

 一方、右サイドで先発した原口元気は、プレー精度に課題はあるが試合をとおして守備強度の高さを見せた。さらに途中出場の武藤嘉紀や乾貴士は、ドイツやスペインで求められている守備意識を披露。敵に寄せていく強さもスピードも、日本の攻撃陣の中ではトップレベルだ。
チームの狙いと起用法の齟齬。時間がない中で、効率的に守備機能を向上させなければならない。西野監督の最大の課題、それは戦力の再整理である。

文・西川 結城

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.