日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

18/03/26【日本代表 コラム】中島翔哉、代表デビュー戦でゴール。その積極性とパンチ力

(写真:Getty Images)

 後半アディショナルタイム、中島翔哉は中盤でパスを受けると、3人のDFに囲まれながらもその間隙を突き、狭小エリアを見事に突破した。左サイドに流れた小林悠にパスを出し、本人は「ポルトガルでのプレーでも意識して進入している」というゴール前の深い位置へ。ボールは三竿健斗の右足を経由し再び中島の前に。左足で合わせ、代表初出場で初ゴールを挙げた。

 この試合の数少ない光明である。1点ビハインドの60分、宇佐美貴史に代わり左サイドの位置に入った。所属するポルティモネンセでも任される得意のポジション。中島は敵に臆することなく、味方に遠慮することなく、縦に前に、真骨頂のプレーを見せていく。

 ミスもあった。中盤には同世代の三竿がいたが、ほとんどの選手とは初顔合わせ。ぶっつけ本番のピッチで細かな連係は求められない中、それでもアピールする必要がある。敵に引っかかっても、パスをカットされても下を向くことなく、今度はボールを奪いにかかる。「監督は縦に速い攻撃、ボールを奪い切る守備を求めている。自分が考えていることと合っている部分が多い」。

 164cmの小兵アタッカーが、体格の印象を上回るインテンシティーの高い動きを繰り返した。

 ゴールシーンだけでなく、85分に放った右足のミドルシュートなど、どこからでもゴールを狙う積極性とパンチ力はかねてからの魅力。そこに、現在9得点7アシストと着実に数字を重ねるポルトガルリーグで見せているゴール前へ進入するプレーも加わる。連係プレーで敵を崩す戦いができていないハリルジャパンにおいて、個の突破や強烈シュートといった飛び道具をもつ中島は、強引に相手ゴールを陥れる上では打ってつけの存在。そんな戦前の期待に、本人がゴールという明確な解答つきで応えてみせた。

「日本代表は小さいころから見ていた場所。結果を出せたことはすごくうれしい。ただみんなまだまだ満足していない。それは自分も同じです」

 ロシアに向けて航海するハリル号。最終寄港地で乗り込み、船員となった中島が、しっかりと力を示した。

文・西川 結城

日本代表関連生放送予定  

国際親善試合

・日本代表 vs マリ代表
 3月27日(火) 夜9:00〜(生中継 フジテレビ系)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.