日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

18/03/23【日本代表 コラム】「仮想セネガル」でマリと対戦。アフリカのフィジカルとパワーに対抗できるか

(写真:Getty Images)

 W杯で当たる仮想セネガルとして戦う、今回のマリ戦。アフリカ特有の身体能力の高い選手相手に、ハリルジャパンがどう挑むか。注目の試合となる。

 アフリカ勢との対決で思い出されるのが、14年ブラジルW杯初戦のコートジボワール戦。日本は本田圭佑のゴールで先制したが、後半の相手の攻勢を止め切れずに1-2で逆転負けを喫した。やはり要所でフィジカルとパワーを見せつけられ屈してしまった過去が、痛い思い出として鮮明に残っている。
今回は守備陣の主力にけが人が出ている。ディフェンスリーダーの吉田麻也はサウザンプトンではすでに戦線復帰を果たしたが、膝のケガで長らく離脱していたことを考慮し招集外。さらに右SBの酒井宏樹もマルセイユでの直近の試合で臀部を負傷。今週になって欠場が決まった。日本の選手の中では、フィジカル面での競り合いでも期待される両選手の不在は、余計に守備面への不安をかりたてる。槙野智章や昌子源らを中心としたDF陣が相手のパワフルさにどこまで耐えられるかは、大きなカギとなる。

 攻撃陣に関しては、この試合ではベルギーで好調を維持する森岡亮太が起用される可能性が出てきた。非公開練習での実戦メニューでも、長谷部誠、山口蛍とともに主力組の中盤に入ってプレーする機会もあり、あらためて彼の攻撃センスに期待がかかる。「監督が求める守備の役割はもちろんだけど、やっぱり自分は攻撃の選手なのでそこのよさを出していかないといけない」と、森岡本人もアピールイメージを語った。

 また今回約半年ぶりに復帰した本田圭佑はベンチスタートが濃厚。ジョーカー的な役割が期待される中島翔哉も同様に先発からは外れるが、彼らが途中からピッチに登場し、試合展開にどんな変化を加えるかにも注目が集まる。チーム調整と個人アピール。両面にらみの今回の2試合。まずはマリとの熱戦が始まる。

文・西川 結城

日本代表関連生放送予定  

国際親善試合

・日本代表 vs マリ代表
 3月23日(金) 夜9:00〜(生中継 テレビ朝日系)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.