日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

18/03/07【ACL】登里と阿部。川崎Fを浮上させるための左右の翼

(写真:Getty Images)

 国内リーグ前節の湘南戦はあと一歩、攻撃の精度やクオリティーに課題が残り、引き分けに終わった。先制点の場面こそ見事だったが、「本当に相手が怖がるようなこと、ミドルシュートやクロスも含めてとにかく圧力という意味でもう一つやっていかないといけない」と鬼木監督が言うように、ゴール前の崩しにはまだまだ課題がある。この状況を少しずつクリアにしていかない限り、勝点を積み重ねていくことはできないだろう。

 そんな中、勝利が不可欠な7日のACL第3節では新たなユニットが形成される可能性が浮上している。それが2列目の左に登里、右に阿部を置く布陣だ。ドリブルやスピードを武器にできる登里と、攻守に多彩なプレーができる阿部。この二人を先発で同時起用する手を鬼木監督は打つかもしれない。そうなれば、これまでの家長や中村、大久保などが入ったときの流動的に動きながら崩していく形とは違い、ポジションを意識した攻撃が多くなるだろう。

 これまでとはタイプの異なる二人の起用。その事象を考えたときに思い返されるのが、湘南戦後の小林の言葉だ。異なった特徴を持つ選手がピッチに入ったときに、その選手たちの
特徴をどう生かしていくかが大事だと説いていた。

「いろいろな選手が入る中で、その選手の特徴を生かして攻められれば、もっとチャンスが作れると思う。もう少し臨機応変に戦えればいい」

 新たなユニットで挑むことになれば、彼らの活躍が必須となる。「背後を突くというか、スペースにスピードを生かしたドリブル、相手のラインを下げることは意識していきたい」と語気を強めた登里と、「(個人的には)先制点を意識したい。先に点をとられないことが大事」と試合展開を見据えた阿部。この両翼がピッチで輝いたとき、勝利への道筋が見えてくる。

文・林 遼平

Jリーグ関連生放送予定  

AFCチャンピオンズリーグ2018

・シドニーFC vs 鹿島アントラーズ
 3月7日(水) 昼5:15〜(生中継 日テレNEWS24)
・川崎フロンターレ vs メルボルン・ビクトリー
 3月7日(水) 夜6:50〜(生中継 日テレジータス

2018 JリーグYBCルヴァンカップ

・ベガルタ仙台 vs アルビレックス新潟
 3月7日(水) 夜6:50〜(生中継 スカイA
・名古屋グランパス vs 浦和レッズ
 3月7日(水) 夜6:50〜(生中継 フジテレビONE
・横浜F・マリノス vs FC東京
 3月7日(水) 夜7:20〜(生中継 フジテレビNEXT

2018 J1リーグ第3節

・ベガルタ仙台 vs ヴィッセル神戸
 3月10日(土) 昼1:45〜(生中継 ミヤギテレビ)
・V・ファーレン長崎 vs 浦和レッズ
 3月10日(土) 昼1:50〜(生中継 長崎国際テレビ)
・ジュビロ磐田 vs FC東京
 3月10日(土) 昼3:00〜(生中継 静岡放送)
・北海道コンサドーレ札幌 vs 清水エスパルス
 3月10日(土) 夜7:00〜(生中継 サンテレビ)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.