エールディビジエールディビジ

18/02/19【オランダ】堂安律、今季リーグ戦5ゴール目。中島翔哉も1ゴール1アシスト

(写真:Getty Images)

 エールディビジ第24節が16日に行われ、フローニンゲンはアウェイでVVVフェンロと対戦。MF堂安律は6試合連続の先発出場を果たした。

 試合開始早々の2分に失点を喫したフローニンゲンだったが、15分に堂安のゴールで同点に追いつく。中盤からの縦パスをゴール前中央で受けた堂安は、カットインしながら相手DFをかわし、鋭く左足を振り抜く。グラウンダーのシュートは左サイドネットに突き刺さり、堂安にとって今季のリーグ戦5ゴール目が生まれた。

 その後も積極的に仕掛けた堂安だが、勝ち越し点は奪えず、試合も1-1のドロー。フローニンゲンはこれで6試合勝ちなし。リーグ戦24試合を終えて、5勝9分10敗と苦しい戦いが続いている。

 またポルトガルリーグ第23節が16日に開催され、ポルティモネンセはアウェイでフェイレンセと対戦。MF中島翔哉は先発出場を果たし、1ゴール1アシストの大活躍でチームの勝利に貢献した。
ポルティモネンセは26分、元鹿島FWファブリシオのゴールで先制するが、32分にセットプレーから追いつかれ、1-1で前半を折り返す。

 そして後半に入ると、中島が実力を発揮する。69分、ハーフウェーライン付近でボールを受けた中島はディフェンスラインの裏に絶妙なスルーパスを通す。これに抜け出したFWウェリントン・カルバーリョが落ち着いて決め、ポルティモネンセが勝ち越しに成功する。さらに88分には、右サイドからのクロスを中島が胸トラップすると、そのボールをダイレクトでループシュート。柔らかいタッチのシュートがゴールへと吸い込まれ、ポルティモネンセがリードを広げた。中島にとって、これが今季リーグ戦9ゴール目となった。

 試合はそのまま終了し、ポルティモネンセが3-1の快勝。2試合ぶりの勝ち点3をつかみとった。好パフォーマンスを続ける中島は、3月の代表戦で招集の可能性も十分にある。

文・JCOMサッカー編集部

エールディビジ関連生放送予定

17/18 オランダ エールデヴィジ 第25戦

・ヘーレンフェーン(小林祐希) vs エクセルシオール
 2月24日(土) 深夜3:35〜(生中継 フジテレビNEXT

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.