ブンデスリーガブンデスリーガ

18/01/22【ブンデス その他】本田2アシスト、武藤2ゴール。調子を上げる日本代表・海外組

(写真:Getty Images)

 21日、 メキシコ1部後期の第3節が行われ、パチューカはホームでロボスと対戦。開幕から3試合連続の先発出場を飾ったMF本田圭佑はフル出場で2アシストを記録し3-1の勝利に大きく貢献した。

 本田は10分、左CKから高精度のボールを送り、FWアンジェロ・サガルのゴールをアシストすると、40分にもペナルティーエリア手前からワンタッチでスルーパスを通して3点目をお膳立てした。パチューカは開幕3試合を終えて、1勝1分1敗としている。

 また、マインツのFW武藤嘉紀が、20日に行われたブンデスリーガ第19節・シュツットガルト戦で2トップの一 角としてリーグ戦3試合連続の先発出場を果たし、 2ゴールを奪った。19分にセットプレーから先制を許したマインツだったが、前半終了間際に武藤のゴールで同点に追いつく。バイタルエリアで相手選手を背負いながら縦パスを受けた武藤は力強いターンで前を向き、強烈な無回転のミドルシュートをゴールへ突き刺した。さらに武藤は54分に2点目を奪う。MFゲリット・ホルトマンのクロスに合わせたシュートは相手GKに防がれたものの、そのこぼれ球を自ら押し込んだ。武藤にとってこれが今季リーグ戦6得点目となった。その後、両チームが1点ずつを追加し、試合は3-2で終了。マインツは残留争いのライバルから、リーグ戦7試合ぶりとなる貴重な白星を挙げた。武藤はブンデスリーガ公式サイトのマン・オブ・ザ・マッチに選出されている。

 ドルトムントの香川真司も19日のヘルタ・ベルリン戦でヘディングゴールを決め、大迫勇也もハンブルガーSV戦でアシストを記録。ロシアW杯まであと半年。誰が好調を維持していくか、そのパフォーマンスから目が離せない。

文・JCOMサッカー特集編集部

メキシコ リーガMX 関連生放送予定

17/18 メキシコ リーガMX 後期 第4戦

・ティグレス vs パチューカ(本田圭佑)
 1月28日(日) 朝9:50〜(生中継 フジテレビNEXT
・パチューカ(本田圭佑) vs モレーリア
 2月4日(日) 朝10:00〜(生中継 フジテレビNEXT

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.