日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

17/11/14【日本代表 コラム】最前線で試すべき男。興梠慎三という可能性

(写真:Getty Images)

 1-3で敗れたブラジル戦をベンチから見守り続けたFWは「これを言ったらおしまいだけど、能力ですよね、やっぱり。止める、蹴る、そんな些細なことだけど、そういうものが違った」と差を認めた。そうした個の実力差がここから半年で埋まるはずもない。だからこそ戦い方が大切になってくる。「日本はチームで戦わなければいけない。一人の相手に対して二人で挟み込むようなプレーができれば、もっと良い試合になったと思う」。その指摘は攻守両面で当てはまる。

 興梠慎三の代表復帰の理由の一つは、J1で得点ランキングトップの20得点を記録している、その得点力であることは間違いない。それに加えて、これまで大迫勇也がこなしている役割を高水準でこなせる数少ない日本人選手ということもある。ただ、ブラジル戦で大迫が後ろ向きのプレーが多くなったことについては「サコ(大迫)ができなかったら、僕もできないでしょ」と苦笑いを浮かべた。それでも、「何度か背後をとればまた違ってきたと思う」とも語る。自分が出たときにどうしていくべきか。もうブラジル戦の前に戻ることはないため、ベルギー戦でトライしていくしかない。

 相手が3バックであることを考えれば、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が “第三のオーガナイズ”として示唆する2トップを採用するのも有効なプランだ。興梠も「1トップなら収めることを重視されると思う。2トップならポストプレーはサコや(杉本)健勇に任せて自分は飛び出すこともできる」と語る。結局、12日の紅白戦ではベルギーを想定した[3-4-2-1]の1トップを興梠が務め、[4-3-3]のレギュラー組に大迫が入っており(杉本は別メニュー)、スタートは慣れたシステムで臨む可能性が高くなった。しかし、形がどうあれ、彼に一番求められるのはゴールだ。

「(ベルギー戦は)すごくやりがいがあるし、またブラジルと違った強さがあると思う。すごく楽しみにしている」。チャンスを与えられれば結果を出す、そのイメージはできている。

文・河治 良幸

日本代表関連生放送予定  

国際親善試合

・日本 vs ベルギー
 11月15日(水) 朝4:30〜(生中継 テレビ朝日系)

Jリーグ関連生放送予定  

J1リーグ 第32節

・川崎フロンターレ vs ガンバ大阪
 11月18日(土) 昼1:50〜(生中継 NHK総合)
・ベガルタ仙台 vs 大宮アルディージャ
 11月18日(土) 昼1:58〜(生中継 仙台放送)
・横浜F・マリノス vs セレッソ大阪
 11月18日(土) 昼2:00〜(生中継 NHK BS1)
・清水エスパルス vs 北海道コンサドーレ札幌
 11月18日(土) 昼2:55〜(生中継 テレビ静岡)

AFCチャンピオンズリーグ

・浦和レッズ vs アルヒラル
 11月18日(土) 深夜1:00〜(生中継 日テレジータス、BS日テレ)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.