メキシコ・その他

17/10/12【W杯南米予選】メッシがハットトリック!アルゼンチン、苦境を切り抜けW杯出場決定!!

(写真:Getty Images)

 ロシアW杯南米予選の最終節が日本時間11日に開催され、出場国4カ国とプレーオフに進出する1カ国が決定。ブラジル、ウルグアイ、アルゼンチン、コロンビアが出場権を得て、ペルーがオセアニア代表・ニュージーランドとのプレーオフに回る結果となった。

 試合開始前の段階で6位とW杯出場圏外に低迷していたアルゼンチンだったが、最終節のアウェイ・エクアドル戦でエースのメッシが、その力を見せ付けた。

 開始1分に先制を許す苦しい展開からのスタートを強いられたアルゼンチンだったが、11分にメッシが同点ゴールを奪う。ディ・マリアからの横パスを左足アウトサイドで流し込んだ。さらにメッシは18分、相手DFからボールを奪うとそのままシュートまで持ち込み、ニアを打ち抜いて逆転に成功。そしてハーフタイムを挟んで62分、相手陣内でボールを収めると中央突破を試み、最後は相手ともつれながらも巧みなシュートでゴールネットを揺らした。天国か地獄か、アルゼンチンの運命を懸けた一戦でハットトリックという圧巻のパフォーマンスを発揮してみせた。

 3-1でエクアドルを破ったアルゼンチンが3位に浮上。2位のウルグアイはボリビア相手に順当に勝利。W杯出場権を懸けたペルーとコロンビアの直接対決は、土壇場で同点に追いついたペルーが勝ち点1を上積みし、ブラジルに3-0で敗れたチリを得失点差で上回ってプレーオフ進出を決めた。

文:JCOMサッカー編集部

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.