日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

17/10/10【日本代表 コラム】未知の相手を前にしたアピール合戦。ポイントは慎重さと大胆さ

(写真:Getty Images)

 日本が今回、初めて国際Aマッチを戦うハイチ。サッカー界では世界的に聞き慣れない国名だが、最新のFIFAランキングでは48位と、40位の日本と大差のない位置につけている。ほかのカリブ海諸国同様、身体能力とテクニックに長けた選手が多く、パワーとスピードでは日本人を凌駕する選手も多い。ネームバリューの低さだけで相手の実力を値踏みすると、日本は痛い目に合う可能性がある。

 苦しみながらも勝利したニュージーランド戦。日本はCBに槙野智章、そして前線では武藤嘉紀を久しぶりに先発で起用した。両者とも及第点と言えるプレーを見せ、また途中出場した倉田秋や小林祐希、乾貴士らも存在感を発揮。「多くの選手を見極める」と戦前に話していたヴァイッド・ハリルホジッチ監督の目論見どおり、有意義なテストマッチとなった。

 ハイチ戦も、まずは勝利を目指すための先発起用が優先されることになるだろう。12月に控えるW杯本大会の組み合わせ抽選会に向けて、現在はFIFAランキング順位についてもデリケートな時期。ヘタに試合に敗れてランクダウンとなってしまうと、強豪ばかりのグループに入ってしまう可能性もあるため、ホームで戦うこの試合は必勝あるのみである。

 さらに来月に控える欧州遠征では、ブラジルとベルギーと戦うことになった。遠征前最後の試合となるだけに、各選手も主力入りへのアピールがより激化することは必至。例えばニュージーランド戦では左FWでプレーした武藤も、「できれば自分がいま得意とする1トップでもアピールしたい」と選手の競争意欲の強さを代弁した。

 未知の相手と戦う慎重さと、個々のアピールにつながる大胆さ。日本に必要なのはこの二つの要素。ホームらしく日本が試合をコントロールできれば、自ずと狙いどおりの試合展開を描けるだろう。

文・西川 結城

日本代表関連生放送予定

 キリンチャレンジカップ 2017

・日本 vs ハイチ
 10月10日(火) 夜7:00〜(生中継 TBS系)

Jリーグ関連生放送予定

 2017 J1リーグ 第29節

・北海道コンサドーレ札幌 vs 柏レイソル
 10月14日(土) 昼1:00〜(生中継 札幌テレビ)
・清水エスパルス vs ジュビロ磐田
 10月14日(土) 昼2:00〜(生中継 静岡放送)
・浦和レッズ vs ヴィッセル神戸
 10月14日(土) 夜7:00〜(生中継 NHK BS1、テレ玉)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.