日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

17/10/09【Jリーグ コラム】三好の2得点。川崎F8年ぶりのルヴァンカップ決勝へ

(写真:Getty Images)

 第1戦のアドバンテージを生かして逃げ切りを図りたい仙台と、ホームで逆転突破を目指す川崎F。22,385人が集った等々力陸上競技場で8日、Jリーグ・ルヴァンカップのファイナル進出を懸けた両者の激しいバトルが繰り広げられた。

「アウェイゴールは持っているが、まだ何も成し遂げたわけではない。積極的に勝利をつかみにいきたい」という鬼木監督の言葉どおり、ビハインドを追う展開のホームチームが序盤から攻勢をかけていく。第1戦は苦しい立ち上がりだったが、この日はボールも人も動く流動的なサッカーを披露。仙台が攻めあぐねたこともあり、何度もゴールを脅かしていった。

 コツコツとジャブを重ねた川崎Fに待望の先制点が生まれたのは29分。森谷の縦パスを中村がヒールでライン裏へ流すと、このボールに反応したのはひさびさの先発出場を果たした三好。GKとの1対1を冷静に沈めて川崎Fが先制に成功する。この得点で勢いを増した三好は、49分にもエウシーニョのシュートのこぼれ球を押し込んで追加点を奪取。この時点で仙台が勝利するためには2点以上が必要となった。

 しかし、試合は簡単には終わらなかった。川崎FにACLの敗戦の悪夢がよみがえったのは52分。奈良が2度目の警告で退場を宣告されると10人での戦いを強いられることとなる。さらに59分には中野にゴールを決められ1点差に。試合は完全にどちらに転ぶか分からない状況に陥った。

 仙台が攻め切るか、川崎Fが守り切るのか。刻一刻と時間が過ぎていく中、守勢に回っていた川崎Fが大きな追加点を奪う。90分に長谷川が豪快なミドルを突き刺し、そのまま試合は決着。激闘を制した川崎Fが09年以来の決勝進出を逆転で決めている。

文・林 遼平

日本代表関連生放送予定

 キリンチャレンジカップ 2017

・日本 vs ハイチ
 10月10日(火) 夜7:00〜(生中継 TBS系)

Jリーグ関連生放送予定

 2017 J1リーグ 第29節

・北海道コンサドーレ札幌 vs 柏レイソル
 10月14日(土) 昼1:00〜(生中継 札幌テレビ)
・清水エスパルス vs ジュビロ磐田
 10月14日(土) 昼2:00〜(生中継 静岡放送)
・浦和レッズ vs ヴィッセル神戸
 10月14日(土) 夜7:00〜(生中継 NHK BS1、テレ玉)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.