日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

17/03/23【日本代表】左右2m内側に引かれたタッチライン。UAE戦のピッチに「サイズが小さい」と選手からも戸惑いの声

試合が行われるハッザ・ビン・ザーイド・スタジアム(写真:Getty Images)

練習を終えて戸惑いを口にする選手たち

 近代的な建築で綺麗な施設を誇る試合会場。芝生の状態も「他の中東のスタジアムに比べるととても良い」(吉田麻也)と、整備された青々とした緑が広がる。しかし、練習後の選手たちからは、「少しサイズが小さい気がする」(久保裕也)、「グラウンドが狭い」(西川周作)といった声が、口々に聞かれた。

  ピッチをよく見ると、両タッチラインが引かれた線の外側に、直近の試合で引かれていたと見られる線が薄く残っている。線と線の幅は、約2メートル。両端ともに同じような状態となっているため、合計約4メートルの幅が、以前に行われた試合よりも縮められているのである。Jリーグには縦105メートル✕横68メートルのピッチで試合を行うという規定がある。今回のピッチの大きさが、厳密にこの規定サイズより小さいのかは判明しないが、選手たちがプレーした感覚では、やはりコンパクトなサイズのグラウンドであることは間違いないなさそうだ。

  スタジアムの関係者に聞いても「よくわからない」という返事が返ってくるだけ。UAE代表側の意図や狙いが反映されたものか否かもわからないが、仮に意図したものであっても、どのような影響を期待しているのかは不明のままだ。選手の感想は「守る側はスペースもより小さくなるためにやりやすいけど、FWとかは大変なところもあると思う」(吉田麻也)と、攻守で一長一短の状態になると予想する。

  これは、アウェイの洗礼なのか。中東で試合を行う際には、酷暑に苦しめられることが少なくないが、幸い、現在アルアインの気候はそれほど高くなく、試合当日の夜の気温も20℃台に落ち着く見込みだ。しかしピッチの謎は解決されないまま、この大一番が始まろうとしている――。

《文=西川結城》

日本代表関連生放送予定

2018FIFAワールドカップロシア アジア最終予選

・UAE vs 日本
 3月23日(木) 深夜0:00〜深夜2:50(生中継 NHK BS1、テレビ朝日系)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.