日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

16/08/05【リオ五輪レポート】アフリカ勢特有の身体能力に対応しきれなかった手倉森ジャパン

「大事な試合」を落とすことになった手倉森ジャパン(写真:Getty Images)

アフリカ勢特有の身体能力と自らのミスによる敗戦

 日本時間5日リオデジャネイロ五輪男子サッカー1次予選グループB、日本対ナイジェリアの一戦が行われ、日本は打ち合いの末4-5でナイジェリアに敗れた。アフリカ勢特有の身体能力に対応しきれず、ミスが頻発して失点を積み重ねてしまった。

 試合は序盤から一気にヒートアップした。その契機は6分、左サイドからFWイモ・エゼキエルのドリブル突破を許してシュートを打たれると、GK櫛引政敏が弾いたものの詰めていたFWサディク・ウマルに押し込まれて早くも先制を許してしまった。

 しかしその2分後、MF大島僚太が高い位置でボールを奪い返してゴール前にラストパスを送ると、これを受けたFW南野拓実が倒されてPKを獲得。キッカーはFW興梠慎三が務め、ゴール右隅に決めてすぐさま同点に追いついた。

 直後の11分には左サイドからのクロスに対して逆サイドのDF室屋成がかぶってしまい、MFオグヘネカロ・エテボに勝ちこされる。しかし今度はMF中島翔哉、興梠のコンビネーションから大島がスルーパスを送ると、南野が巧みなダイアゴナルランで抜け出し、相手GKとの1対1を冷静に制して再び追いついた。

 開始わずか13分でスコアは2-2。想像だにしなかった序盤での打ち合いとなったが、ここから日本はキャプテンのMF遠藤航を中心に試合を落ち着けようとした。しかし最終ラインから中盤へのパスのところでタイミングがずれる場面が散見してリズムを作れず、ナイジェリアのダイナミックな攻めの前に後手に回った。

 そして40分には左サイドをサディクに突破されてゴール前に押し込まれると、エトボがシュート。ボールはジャストミートしなかったが、植田のヘディングでのクリアが小さくなったところを最後はエトボに再び決められて2-3で前半を折り返した。

 日本は後半に入っても中盤にMFジョン・オビ・ミケルのゲームメイクに苦慮すると、51分にサディクにリーチの長さを生かされてDF塩谷司と室屋の間を突破される。対応した塩谷がペナルティエリア内で引き倒してしまいPKを献上すると、エトボに決められた。

 逆襲したい日本は53分にMF原川力に代えてアーセナル移籍が決まったFW浅野拓磨を投入。興梠との2トップとして、ボールを奪った瞬間にナイジェリアの最終ライン裏のスペースを狙う形を模索した。

 しかし藤春がボールを奪われてアーリークロスが入ると、GK櫛引がスライディングでクリアしたものの、ペナルティエリア外に走り込んだエテボがダイレクトで蹴り込んでこの日4得点目。日本にとってはこの日最大となる3点差となり、痛すぎる5失点目となった。

 69分には中島のキープからパスを受けた藤春がゴール中央にラストパスを送り、走り込んだ浅野がゴールへと流し込んだ。その後は飛行機の度重なる遅延で当日現地入りしたナイジェリアの動きが一気に落ち、アディショナルタイムには鈴木武蔵が1点差に追いすがるゴールを決めた。しかし追撃はここまで。4-5で試合終了の笛を聞いた。

 敗因は何よりも、距離を詰められると思った以上に伸びてくるナイジェリアの選手たちの身体能力に対応できなかった点だろう。いつもならボールキープできているところをかき出されて奪われたり、丁寧に通そうとしすぎた横パスをひっかけ続けているうちにチーム全体がリズムを失ってしまった印象だ。

 耐えて勝つことをベースにしていた日本だけに、このショッキングな敗戦から立ち直れるか。第2戦は中2日の過密日程、コロンビア戦となる。

《文=茂野聡士》

U-23日本代表関連生放送予定

リオ オリンピック 2016

・日本 vs コロンビア
 8月8日(月) 朝9:50〜昼0:00(生中継 NHK BS1)
・日本 vs スウェーデン
 8月11日(木) 朝6:50〜朝9:00(生中継 NHK BS1)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.