日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

15/09/17「戦う意志」が呼んだ奇跡。死闘を制したG大阪、「三冠」のその先へ

米倉恒貴(左から二人目)の劇的ロスタイム弾でG大阪がアジアのベスト4へ
(写真=Getty Images)

 

アジア・ベスト4に進出

 この一週間のJリーグでの話題と言えば、なんといってもG大阪のACLベスト4進出だろう。韓国王者・全北現代との準々決勝第2戦は、まさに死闘だった。
 アウェイの第1戦を0-0のスコアレスで終えていたG大阪にとって、準決勝へと勝ち上がるためには勝つしかない。だが、必勝を期して臨んだこの一戦で、13分に先制点を許すという最悪のスタートを強いられる。
 この日の勝因の一つは、その1分後にスコアを振り出しに戻したことだ。先制点献上にも決して下を向くことはなかったG大阪は、失点直後の14分、右サイドで得たFKから、相手の裏を見事にかいて、同点ゴールを奪い取る。相手がFKの守備時にオフサイドトラップをかけてくることを、スカウティングで把握していたのだという。遠藤保仁がFKを蹴るタイミングに合わせて一気にラインを上げてきた全北現代、しかしG大阪の7番の右足から放たれたボールは、鋭いクロスで味方に合わせるものではなく、優雅な放物線を描いて、阿部浩之が相手のオフサイドトラップをかいくぐって駆け上がる時間を作るものだった。どフリーで相手ゴール前に走り込んだ阿部は、遠藤からのボールをきっちりとトラップすると横にいたパトリックにパスを出し、パトリックは難なく蹴り込んだ。

 

パトリック、圧巻の存在感
 同点ゴールを奪ったパトリック。この“青黒の超人”の大活躍も、この日の勝因の一つと言っていいだろう。189cm/82kgの体を最大限に生かした力強いプレーが売りのフィジカルモンスターは、圧巻の推進力でこの日のG大阪をけん引した。韓国王者の全北現代の最終ラインも屈強で、韓国代表経験のあるCBキム・ヒョンイルもパトリックに負けず劣らずの体格を誇る素晴らしいDFだったが、この日は相手が悪かった。裏に抜けるプレーだけでなく、ポストプレーも冴えわたったパトリックはキム・ヒョンイルのマークをものともせずにピッチ上で無双の存在感を放つ。パトリックの活躍で最前線に起点を作ることができたG大阪は、全北現代を押し込んでいった。37分のカウンターのチャンスにはパトリックが持ち前の走力を生かしてシュートまで持ち込む。スルーパスを出したのは――青黒の10番、二川孝広だった。

 

エース宇佐美の代役
 この日のG大阪は、エースの宇佐美貴史を欠いていた。準々決勝第1戦で警告を受けて出場停止となったのだ。必勝の一戦にエースを欠く苦境――。しかし長谷川健太監督は、宇佐美の出場停止が決まった2週間前から、すでに代役をこの10番に託すことを決めていたという。
 今年で35歳となるベテランの二川は、今季ここまでのリーグ戦の出場はわずか1試合、13分のみ。若手が伸びてきた近年のG大阪の中で、出番は確実に少なくなっていた。しかし、こうした大一番で頼りになるのはやはり修羅場をくぐってきた経験だ。そしてG大阪一筋で数々のタイトル獲得に貢献してきた男は、見事にその期待に応えてみせる。パトリックとは対照的に168cmと小柄な二川だが、サッカーはフィジカルがすべてではない。相手の厳しいプレッシャーを受けながらもブレない技術の高さとパスセンスで、いくつものチャンスを演出し、「65分」に交代するまでに全北現代をジワジワと追いつめていった。彼もまた、この日の勝利のシナリオに欠かせない男だったのは間違いないだろう。

 

エース宇佐美の代役
「65分」。同点は敗退を意味するG大阪は、ここで長谷川健太監督が勝負に出る。二川だけでなく、この日右SBで先発し、全北現代の中でも最も警戒すべきチャンスメーカーであるレオナルドを封じ込む役割を静かに熱くまっとうしていたオ・ジェソクも同時にピッチから下げた。二枚同時交代。二川と代わって前線に入ったのはリンス、そしてオ・ジェソクと代わってピッチに入ったのは、絶賛売出し中のSB。彼こそがこの日の主役だった。
 米倉恒貴。もともとは攻撃的なMFだったが、現在は攻撃的なSBだ。今年の8月にヴァイッド・ハリルホジッチ監督に抜擢されてA代表初招集。デビューを飾った東アジア杯の中国戦(1△1)で強気のオーバーラップから同点ゴールを演出するアシストを記録すると、9月のW杯予選のメンバーにも選ばれた。ハリルホジッチ監督は米倉を選んだ理由の一つに「戦う意志」を挙げている。
 長谷川監督のリンスとともに米倉を送り出した65分の一手は、「攻めろ」という明確なメッセージだった。この交代で布陣も[4-4-2]に変更すると、相手も少しバランスを崩す。すると76分、中盤でマークが浮いていた倉田秋が、それを見逃さなかった遠藤からのパスを受け、相手がプレッシャーを掛けてくる前にペナルティーエリアの外から左足を振り抜く。鋭い弾道は相手DFの体にわずかに当たってコースを変え、ゴールへと吸い込まれた。2-1。G大阪がアジアのベスト4に手を掛けた。ここからゲームは一気に動く。リードを奪われた全北現代は、190cmの長身スペイン人FWウルコ・ベラを投入。前線の枚数を増やし、パワープレーに出た。それに合わせるように、長谷川健太監督は最後に残された交代カードにヘディングの強いDFキム・ジョンヤを選択し、最終ラインの枚数を増やす。しかし韓国王者のパワープレーは強烈だった。試合終了間際の88分、ウルコ・ベラが右サイドからのクロスをヘディングで押し込んで2-2。全北現代がアジア・ベスト4への切符を奪い返す。

 

後半ロスタイムの歓喜
 天国から地獄へと突き落とされたG大阪だが、“ピッチ上の監督”である遠藤が即座に選手の配置を変更、交代で入っていたキム・ジョンヤと米倉を前に出す。後半ロスタイムに入った。目安は5分だった。
 90+1、90+2、時間は無情に過ぎていく。敗北の空気も色濃くなり始めた90+3分、しかし日本が誇る司令塔・遠藤はこの状況でも冷静さを失っていなかった。前線への放り込みを警戒していた全北現代の虚を突くように、遠藤からキム・ジョンヤに柔らかい縦パスが通る。キム・ジョンヤが前を向くと、全北現代の最終ラインを切り裂くように加速した男がいた。スルーパスを受けて裏に抜け出す。目の前は相手GKのみ。しかし追いかけてきたDFともつれて態勢を崩した。並みの選手ならここでPKをアピールしていただろう。「万事休す」。この試合を見ていた人の多くはそう感じただろう。しかし、「戦う意志」を持つこの男は、前に出ることをやめず、相手GKの鼻先で一瞬早く左足を振った。一瞬の沈黙の後、スタジアムには割れんばかりの歓声が起こる。米倉恒貴は、チームメートにもみくちゃにされながら、それを一身に浴びた。
 昨季国内「三冠」を達成したG大阪。今季はこのACLも含めて「四冠」、クラブW杯も含めれば「五冠」の可能性を残してシーズン終盤へと突入することとなった。興奮冷めやらぬまま迎える今週末の一戦は、J1・2ndステージ第11節・松本戦だ。

《文・J:comサッカー編集部》

Jリーグ週末以降の生放送予定

・J1 2ndステージ 第11節 サンフレッチェ広島 vs サガン鳥栖
 9月19日(土) 夜6:50〜夜10:00(生中継 スカイ・A sports+ HD)
・J1 2ndステージ 第11節 横浜F・マリノス vs FC東京
 9月19日(土) 夜7:00〜夜9:00(生中継 NHK BS1)
・J1 2ndステージ 第11節 松本山雅FC vs ガンバ大阪
 9月20日(日) 昼1:55〜昼4:00(生中継 長野朝日放送)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.