見どころ

  • 準々決勝ドイツドイツ vs イタリアイタリア
  • 7月2日(土)深夜3:45

今大会無失点同士の対決 イタリアのジンクスか、それともレーヴの奇策か!?

ここまで無失点の両国GK(左:ドイツ代表GKノイアー 右:イタリア代表GKブッフォン)
(写真:Getty Images)

ドイツ レーヴ監督の奇策か

 準々決勝で最も注目すべきカードはこの強豪国同士の一戦で間違いないだろう。両者は過去に33度対戦し、15勝8敗10分とイタリアに分があるだけではなく、ドイツはこれまで主要国際大会でイタリアに勝ったことがない。

 だが、「イタリアに対するトラウマはないよ。それは過去のことで、冷めたコーヒーのようなもの。私には煎れたてのエスプレッソの方がいい」とレーヴ監督はそんなジンクスは気にしていないようだ。

 3月に行われた親善試合では4-1でドイツが快勝しているが、イタリアは多くの主力選手を欠いていたため結果は参考にしかならない。しかし、両者が見せた戦い方は多くのヒントを与えてくれる。この親善試合でドイツは3バック+2ウイングバックのシステムをテストし、守備を安定させるだけでなくMFメスト・エジルを2ボランチの一角で起用することで攻撃も円滑化させてみせた。

 ボールを支配するドイツに対し、カウンター狙いのイタリアという構図はあまりに安直な予想かもしれない。近年は決勝ラウンドで奇策を打ってくるレーヴ監督が、今大会まだ披露していない3バックにアレンジを加えた戦略でイタリアを驚かせてくる可能性は十分に考えられる。

 いずれにせよ、先制点が大きく勝負を左右することになるのは間違いない。今大会ここまで無失点を貫いている両チームにとって、初めての失点が敗退を決めることになってしまうのだろうか。

《文=山口裕平》

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.