見どころ

  • グループC北アイルランド北アイルランド vs ドイツドイツ
  • 6月21日(火)深夜0:45

まだ本調子とは言えないドイツ、守備的な北アイルランドを崩せるか

ドイツはFWマリオ・ゴメスを生かす攻撃が仕掛けられるか(写真:Getty Images)

セットプレーの攻防がカギに

 第2節ポーランド戦がスコアレスドローに終わり決勝トーナメント進出がお預けとなったドイツは、首位通過を目指して北アイルランドとの一戦に臨む。

 ドイツは決勝進出まで見越してギアを挙げている段階とあって、まだ本調子とは言えない。DFマッツ・フンメルスがすでに復帰を果たしているが、金曜日の練習ではDFジェローム・ボアテングが休養を取っている。本来であれば選手をローテーションさせたいところだが、首位突破のためには勝利が欲しいところで大幅な入れ替えはないだろう。

 ポーランド戦では63%のボール支配率を記録したものの枠内シュート数はわずかに3本と、引いた相手に対する崩しに課題が見えた。後半にはFWマリオ・ゴメスを入れて状況の打開を図ったが、最後まで攻撃が中央に偏り、効果的な攻め手を見出すことができなかった。北アイルランドのここまでのボール支配率は37%とドイツに対しても守備的な戦いを選択してくることが予想されるだけに、ドイツとしてはセットプレーを大事にしていきたいところだ。

 ウクライナを破り、史上初となるユーロでの白星を挙げた北アイルランドは、グループリーグ突破を目指してドイツ撃破を狙う。ゴール前の守備を固めて失点を防ぎつつ、カウンターやセットプレーで得点を狙う戦いを選択することになるだろう。とりわけセットプレーは脅威で、ウクライナ戦で先制点を奪ったDFガレス・マコーリーの高さには注目したい。

≪文=山口裕平≫

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.