見どころ

  • グループBロシアロシア vs ウェールズウェールズ
  • 6月20日(月)深夜3:45

「経験豊か」なロシアに挑む、EURO初参戦のウェールズ


グループステージ突破に近づいているウェールズ(写真:Getty Images)

引き分けでも決勝T進出の可能性あり

 グループB、3位のスロバキアと勝ち点「3」で並ぶ2位のウェールズは、自動突破の決まる2位以上を目指してロシアとの最終節に挑む。もっとも、58年ぶりの国際ビッグトーナメント出場にクリス・コールマン監督はリラックスムードだ。同監督は言う。

「現在の状況、すなわち『3位と同ポイントの2位で最終節を迎える』と大会前に予告されていたら、喜んで受け入れていただろう。勝利という結果を掴めば、勝ち抜けるのだから」

 コールマン監督が「経験豊か」と警戒するロシアに勝利すれば、ウェールズの自動突破が決まる。仮に引き分けで終えても、同時刻キックオフのスロバキア対イングランド結果次第で、決勝トーナメント進出が決まる可能性はある。

 2節のイングランド戦では後半のアディショナルタイムに逆転ゴールを被弾したが、守備時は5バックに変形する3バックシステムには安定感があった。MFガレス・ベイルやMFアーロン・ラムジーが前線の高い位置でチャンスに絡むシーンが増えれば、ロシア戦の勝機は見えてくるだろう。2試合連続で直接FKからネットを揺らしたベイルも笑みを浮かべる。

「第一の目標はグループリーグ突破にあった。16強進出を達成できれば本当に大きい。突破できるかどうか。そのチャンスは僕らの手中にあるわけで、両手でしっかり掴みたい」

 ユーロ初参戦のウェールズは、決勝トーナメントに駒を進めるか。

≪文=田嶋コウスケ≫

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.