見どころ

  • グループAフランスフランス vs アルバニアアルバニア
  • 6月15日(水)深夜3:45

開催国フランスは、不屈のアルバニアをどう攻略するか


フランスのキーマンとなるグリーズマン(写真:Getty Images)

キャプテンを欠き、開催国に挑むアルバニア

 開幕戦は苦しみながらも終了間際にMFディミトリ・パイェが素晴らしいミドルシュートを決め、難敵のルーマニアを破ったフランス。独特の重圧からも解き放たれたはずだ。しかし、スイスに善戦したアルバニアも侮れない相手だ。

 アルバニアで残念なのはマルセイユに長く在籍していたDFロリク・サナ(現在はナント)が出場停止のため古巣のスタジアムでプレーできないこと。それでも、彼の退場後に見せたアルバニアの奮闘を考えれば、智将のジョバンニ・デ・ビアージ監督が送り出すメンバーでフランスの前に敢然と立ちはだかるはずだ。ポイントは司令塔のMFタウラント・ジャカ、MFアミル・アブラシ、MFブリム・クケリがフランスの誇る3ハーフの自由をいかに奪い、また厳しいプレッシャーをいなして効率の良い攻撃につなげられるか。

 好調のパイェにはイタリア・セリエAの強豪ナポリで主力を張る右サイドバックのDFエルサイド・ヒサイがマークに付くと予想されるだけに、開幕戦は途中交代を命じられたフランスのFWアントワーヌ・グリーズマンが本領を発揮できるかどうかも勝負のカギを握りそうだ。

 どんな形でもフランスが早い時間帯に先制すれば有利に試合を進められるが、アルバニアはスイス戦で序盤にセットプレーから失点し、主将のサナを失ってからも折れることなく接戦に持ち込んでいる。フランスとしてはどれだけ優勢になっても気を緩めずに90分を戦い抜くことが求められる。

≪文=河治良幸≫

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.