見どころ

  • グループAルーマニアルーマニア vs スイススイス
  • 6月15日(水)深夜0:45

グループリーグ突破の命運を左右する一戦


ルーマニアのエース候補アンドーネ(写真:Getty Images)

得点力不足に悩む両チーム

 開催国フランスに対する健闘も及ばず黒星発進となったルーマニアだが、アンゲル・ヨルダネスク監督として結果は想定内だろう。このスイス戦で勝ち点3を取れるかどうかがグループリーグ突破の命運を左右することに変わりはないからだ。

 予選2失点の守備はフランスにも十分に通用しただけに、司令塔MFグラニト・ジャカ、俊速サイドアタッカーのMFジェルダン・シャキリを擁するスイスが相手でも簡単に崩れることはないだろう。一方で最後の決め手に欠けた攻撃はMFオビデュ・ホバンを起点にMFニコラエ・スタンチュがつくったチャンスをFW陣がゴールできるかどうか。スイスもアルバニア戦で先制点をあげたDFファビアン・シェアと191cmの長身DFジョアン・ジュルーのセンターバックコンビとGKヤン・ゾマーが初戦で良いフィーリングを得たと見られるだけに、ビッグチャンスはそう多くないはず。その意味でも初戦は不発に終わったエース候補のFWフロリン・アンドーネに期待がかかる。

 一方のスイスもFWの得点力不足が不安視されていたが、負傷で大会を欠場したFWヨジップ・ドルミッチに代わり1トップを任されるFWハリス・セフェロビッチも初戦の動きは悪くなかった。あとはシュートを決められるかどうか。大会屈指のGKチプリアン・タタルシャヌが構えるルーマニアの鉄壁ゴールをこじ開ければ、スイスの勝利とともに新エースとして自信を付ける試合になるはずだ。

≪文=河治良幸≫

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.