日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

17/09/13[川崎F]「シンプルに勝ちを目指して戦う」。川崎F、クラブ史上初のACLベスト4へ向けた運命の第2戦

 川崎Fは12日、翌日に控える浦和とのACL準々決勝・第2戦に向けて、決戦の地である埼玉スタジアムで公式会見と前日練習を実施した。

 公式会見には鬼木達監督と小林悠が登壇。鬼木監督は「明日はシンプルに勝ちを目指して戦う。これに尽きる。次に進むためにとにかくそれを実現したい」と力強いコメントを残し、主将の小林も「アウェイゴールはあるが、次のステージに進むために、試合に勝つことだけに専念していきたい」と語気を強め、何よりも“勝利”を目指して戦いたいと強調した。

 その後、約1時間しっかりと汗を流した川崎F。練習後に囲み取材に対応した谷口彰悟は、クラブ初のベスト4を懸けた大事な一戦に向けて強い意気込みを語っている。

「浦和はちょっとシステムを変えたり、新しいことをやっている印象がある。ただ、後ろの対応としてはあまり変わらないし、いつもやっていることをやるだけ。絶対に準決勝へ進出したいし、第1戦で点差をつけて勝つことができたので、それを無駄にしないためにもしっかり戦わないといけない。僕らは負けるわけにはいかない。みんなで集中力高く臨みたい」。

 ベスト4を巡る日本勢同士の第2ラウンドは、本日の19時30分に埼玉スタジアムでキックオフ予定となっている。

文・写真:林遼平(エルゴラッソ川崎F担当)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.