リーガエスパニョーラリーガエスパニョーラ

17/08/15退場のC・ロナウド、主審を押して5試合の出場停止に リーガ序盤戦で不在に

スペインサッカー連盟は14日(月)、R・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドに5試合の出場停止処分を科した。処分が確定すれば、R・マドリーにとっては大きな痛手だ。英『BBC』が報じた。

C・ロナウドは13日(日)のスペイン・スーパーカップ第1戦で、途中出場した際にチームの2点目を奪取。宿敵バルセロナとの敵地での一戦で3-1の勝利に貢献した。

だが、ゴールを決めた際にユニフォームを脱いで喜び、イエローカードを出されたC・ロナウドは、2分後にシミュレーションで2枚目のカードを出されて退場。判定に不満の選手は、主審を背後から軽く押していた。

これにより、C・ロナウドは退場で1試合、そして主審を押したことで4試合、計5試合の出場停止を科された。選手は10日のうちに異議を申し立てることができる。

だが、処分が確定した場合、C・ロナウドは16日(水)のスーパーカップ第2戦をはじめ、リーガエスパニョーラでも9月20日のベティス戦まで4試合に出場できない。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.