リーガエスパニョーラリーガエスパニョーラ

17/07/26終わらない「ムバッペ狂想曲」 R・マドリーとマンチェスター・Cが史上最高額で競争?

スペイン『マルカ』は25日(火)、R・マドリー(スペイン)がモナコ(フランス)とFWキリアン・ムバッペの移籍で大筋合意に達したと報じた。

報道によると、両クラブは1億8000万ユーロ(約234億5000万円)という巨額の移籍金で合意。1億6000万ユーロ(約208億5000万円)に2000万ユーロ(約26億1000万円)のボーナスが加わるという。もちろん、昨年のMFポール・ポグバのマンチェスター・U(イングランド)移籍を上回る史上最高額の取引だ。

『マルカ』は、R・マドリーがムバッペに年俸700万ユーロ(約9億1000万円)の6年契約を用意しているとも報じた。R・マドリーはこの夏、FWアルバロ・モラタをチェルシー(イングランド)に売却。ジネディーヌ・ジダン監督がストライカー獲得の必要性を認めている。

しかし、イギリス『スカイ・スポーツ』は同日、モナコ側が合意を否定したと報道。また、『ESPN』はマンチェスター・C(イングランド)がR・マドリーに近い額のオファーを用意していると伝えた。

昨季ブレイクしたムバッペをめぐる争奪戦は過熱する一方のようだ。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.