リーガエスパニョーラリーガエスパニョーラ

17/07/21「ムバッペに不当に近づくな!」 モナコが声明で強豪を非難、FIFA介入依頼も検討

モナコ(フランス)は20日、クラブの公式サイトで、一部のビッグクラブがFWキリアン・ムバッペに不当にアプローチしていると声明で非難した。FIFAに介入を求める可能性も示唆している。

昨季のUEFAチャンピオンズリーグでの活躍で今夏の移籍市場の人気銘柄となったムバッペには、R・マドリー(スペイン)やパリ・サンジェルマン(フランス)、プレミアリーグの強豪など、多くのビッグクラブが関心を寄せていると言われる。

モナコは声明で、複数の「重要な」欧州クラブが許可なしに選手やその周辺の人物に近づいていると指摘。フランスリーグやFIFA移籍規約に違反しており、両組織に規律処分を求めることも検討していると発表した。

英『BBC』は、プレミアリーグで該当するのはマンチェスター・Cのみと報道。だが、この夏MFベルナルド・シウバの移籍を成立させ、さらにDFバンジャマン・メンディの移籍も交渉中の両クラブは良好な関係にあるとも伝えている。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.