プレミアリーグプレミアリーグ

17/07/20チェルシー、モラタ獲得でR・マドリーと合意発表! 移籍金は87億円超か

チェルシー(イングランド)は19日(水)、R・マドリー(スペイン)とFWアルバロ・モラタの移籍で合意したことを発表した。

移籍は個人合意とメディカルチェックを経て完了の予定。詳細は公表されていないが、英『BBC』は移籍金が6000万ポンド(約87億3000万円)以上と報じている。『スカイ・スポーツ』は、ボーナスを含めると最大で7000万ポンド(約101億9000万円)と伝えた。

モラタは昨年夏、ユベントス(イタリア)からR・マドリーに復帰し、20ゴールをマーク。だが、ジネディーヌ・ジダン監督の下で望んでいたほどの出場機会を得られず、この夏は移籍が有力視されていた。

一時はマンチェスター・U(イングランド)への移籍が近いと言われたモラタだが、R・マドリーと条件面で合意に至らず。マンチェスター・Uがベルギー代表FWロメル・ルカクを獲得したことで、モラタのマンチェスター・U行きは事実上消滅していた。

チェルシーはFWジエゴ・コスタがアントニオ・コンテ監督から戦力外通告を受けたと明かしており、新ストライカーの獲得が確実視されていた。一時はルカクの獲得に迫っていたが、マンチェスター・Uに争奪戦で敗れたことで、そのマンチェスター・Uが狙っていたモラタに照準を切り替えた。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.