セリエAセリエA

17/07/10オファー認めた長友、サンプドリアも候補? 再び関心と伊メディア報道

サンプドリア(イタリア)はまだインテル(イタリア)DF長友佑都に関心を寄せているようだ。イタリア『イル・セコロXIX』が9日(日)に報じた。

インテルと2019年までの契約を結ぶ長友だが、2016-17シーズンは出場機会を失い、ピッチに立ったときも致命的なミスを犯すなどしてメディアやサポーターから批判を浴びた。

ルチアーノ・スパレッティ監督が就任した2017-18シーズンを前に、インテルの放出リストに載せられたとも言われる長友。9日にバカンスを終えて日本を発ち、イタリアに向かう際、長友は複数クラブからオファーがあることを認めている。

『イル・セコロXIX』によると、サンプドリアが右サイドバックのDFヤコポ・サーラやDFバルトシュ・ベレシンスキが移籍する場合、代役として長友とインテルDFダビデ・サントンが候補になるという。

以前から再三にわたって報じられているサンプドリアの長友への関心だが、この夏に実ることはあるのだろうか。

 

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.