セリエAセリエA

17/07/02復活目指す本田退団のミラン、早くも6人目の補強が内定

ミラン(イタリア)の勢いが止まらない。イタリア『スカイ・スポーツ』は1日(土)、ミランがレバークーゼンMFハカン・チャルハノールの獲得を決めたと報じた。この夏すでに6人目の補強となる。

昨シーズン途中のクラブ買収で中国資本となったミラン。『スカイ』によると、レバークーゼンとは2000万ユーロ(約26億円)と400万ユーロ(約5億円)のボーナス、合計2400万ユーロ(約31億円)でチャルハノール移籍の取引をまとめたようだ。

チャルハノールは3日(月)にもミランのメディカルチェックを受け、移籍が正式発表される見込み。ミランはこの夏、すでにDFマテオ・ムサッキオ、MFフランク・ケシー、DFリカルド・ロドリゲス、FWアンドレ・シウバ、FWファビオ・ボリーニを獲得している。

さらに、ミランはアタランタDFアンドレア・コンティやラツィオMFルーカス・ビリアの獲得も目指しているところ。日本代表MF本田圭佑が退団したミランは、名門復活を目指して積極的な補強活動を展開している。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.