セリエAセリエA

17/06/23リバプール、60億円超の大型補強 ローマからサラー獲得を発表

リバプール(イングランド)は22日(木)、ローマ(イタリア)からエジプト代表FWモハメド・サラー(25)を獲得したことを発表した。契約期間は公表されていない。

かつてチェルシー(イングランド)に所属したサラーは、2度目となるプレミアリーグ挑戦。フィオレンティーナ(イタリア)、ローマとセリエAで活躍し、満を持してイングランドに戻ることとなった。

ローマによると、移籍金は4200万ユーロ(約52億1000万円)。さらに最大800万ユーロ(約10億円)のボーナスがつく。最大で合計5000万ユーロ(約62億1000万円)にのぼる。

サラーはリバプールの公式サイトで、「ここに来ることができて非常に興奮している。とてもうれしい」と喜びを表した。

「クラブのために100%で全力を尽くす。本当にこのクラブで何かを勝ち取りたいと思っているんだ。僕らには素晴らしいチームがあり、非常に優れた選手たちがいる」

ユルゲン・クロップ監督に賛辞を寄せたサラーは、タイトル獲得に向けて意気込んだ。

「クラブ、サポーター、自分たちのために、何かを勝ち取ることができるよう、みんなで全力を尽くしたい」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.