ブンデスリーガブンデスリーガ

17/06/17C・ロナウドがR・マドリーからの移籍を希望! 欧州各国が報じる

16日(金)、欧州サッカー界を激震させるニュースが各国で報じられた。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、R・マドリー(スペイン)からの移籍を希望しているという。

ユベントス(イタリア)とのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝で2得点を挙げ、前人未到のCL連覇、R・マドリーにとって通算12回目となる欧州制覇に貢献したC・ロナウド。バルセロナ(スペイン)FWリオネル・メッシに並ぶ通算5回目のバロンドール受賞は確実と言われるC・ロナウドは、今後もR・マドリーで活躍を続けると思われていた。

だが今週、C・ロナウドを予期せぬ事態が襲う。脱税の疑いでスペイン検察から起訴されたのだ。一貫して潔白を主張してきたC・ロナウドのエージェントは、再度疑惑を否定。R・マドリーも公式声明で選手への信頼を強調した。

しかし、C・ロナウドはこの一件でスペインに嫌気が差したという。母国ポルトガルの『ア・ボーラ』が16日、同選手の移籍希望を報じると、スペイン『マルカ』や英『BBC』といった有力メディアもこぞってC・ロナウドの退団希望は確かだと報じた。

『BBC』の情報筋は「彼はとても悲しんでおり、怒っている。スペインに残りたくないと思っており、現時点で去ることを希望している」と述べた。

『マルカ』は、コンフェデレーションズカップに向けて準備中のC・ロナウドが、ポルトガル代表のチームメートに「(R・マドリーを)出る。決めた。撤回はない」と話したと伝えている。

32歳になったC・ロナウドだが、決定力は健在。報道どおりに移籍するとなれば、獲得を目指すクラブは多額のコストを必要とする。そのため、古巣マンチェスター・U(イングランド)やパリ・サンジェルマン(フランス)が新天地の候補とみられているようだ。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.