ブンデスリーガブンデスリーガ

17/05/21大迫、1G1Aの活躍でEL出場に貢献 酒井高のHSVは劇的残留

ケルン(ドイツ)FW大迫勇也が20日(土)、ブンデスリーガ最終節マインツ戦で1ゴール1アシストと活躍し、チームのUEFAヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得に貢献した。

大迫は43分、スローインのボールを頭ですらし、今季6度目となるアシストで先制点を演出。さらに終盤の87分、ペナルティーアークから左足でシュートを流し込み、今季7点目を奪って勝負を決めた。2-0で勝利したケルンは5位でリーグを終了。EL本大会出場を果たした。

ブンデスリーガ公式サイト日本語版によると、大迫は試合後、チームが目標としていたEL出場を果たせて「良かった」とコメント。来季は「今年以上の成績を残さないと」と意気込んだ。

一方、敗れたマインツだが残留を果たすことに成功。後半途中から出場した武藤嘉紀は、今季はケガの影響があったとコメント。来季はコンスタントに試合に出られるコンディションづくりが必要だと分析している。

また、酒井高徳が所属するハンブルガーSVは、88分の劇的決勝点でボルフスブルクにホームで2-1と逆転勝利。14位に浮上し、土壇場で残留を決めた。敗れたボルフスブルクは16位に転落し、2部3位との入れ替えプレーオフに回る。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.