日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

17/05/18[U-20日本代表]調子を上げるU-20日本代表の舩木翔、初戦のポイントを語る

 21日にU-20W杯の初戦を迎えるU-20日本代表は、17日に韓国入り。2日目となった18日は、対人トレーニングを中心に全21名がしっかりと汗を流した。練習後、初戦の南アフリカ戦に向けて強い思いを語ったのは舩木翔だ。

 今季はC大阪でルヴァンカップに5試合出場。チームで着実に出場機会を増やすことで、今回の代表の座を勝ち取った。直近のルヴァンカップ第5節・新潟戦では「自分の納得いく内容ではなかった」と振り返るが、それでも「こっちに来てから磐田とホンジュラスとやって、自分は大会に向けて調子が上がってきた」と好調をアピール。舩木の視線は、すでに初戦の南アフリカ戦へと向いている。

 「南アフリカのサイドには速い選手がいる。やっぱり自分のサイドをやられないということは意識してやりたい。相手はクロスからの得点という形も持っていると思うので、自分がそこで止めることができればチームも乗っていけると思う。1対1の局面を勝つか負けるかで試合の勝敗は決まってくるので、気を付けていきたい」

 特徴である攻撃面では「自分たちがボールを握りながら動きの中でプレーするところは意識していきたい」と舩木。21日に迎える初戦の南アフリカ戦に向けて、左サイドを駆ける男は着々と準備を進めていく。

文・写真:林遼平(エル・ゴラッソ日本代表担当)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.