セリエAセリエA

17/05/18ユーベ、史上初のコッパ・イタリア3連覇でまず1冠 「次はスクデット」

17日(水)にコッパ・イタリア決勝が行われ、ユベントスがラツィオを2-0と下して3連覇を果たした。

ユベントスは12分、左からのクロスをDFダニエウ・アウベスが決めて先制。さらに24分、CKからDFレオナルド・ボヌッチが追加点を奪い、リードを2点に広げると、そのまま逃げ切った。

史上初となる3連覇で通算12回目の優勝を決めたユーベは、今週末のリーグ戦で残留争い中のクロトーネを下せば、セリエAで前人未到の6連覇が決まる。

また、6月3日(土)にはUEFAチャンピオンズリーグ決勝でR・マドリー(スペイン)と対戦。2010年のインテルに続き、イタリア勢で2度目となる3冠への期待が高まっている。

マッシミリアーノ・アッレグリ監督は試合後、次のように喜びを表した。クラブ公式サイトが伝えた。

「選手たちを祝福しなければいけない。今夜は素晴らしい試合だった。日曜にはリーグ戦のタイトルを決める重要な試合がある」

「ユーベが3連覇できたのは、選手たち全員の功績だ。素晴らしいシーズンにしてくれた。次はそのシーズンを最高のものとしなければならない」

「リーグ優勝まであと1勝だ。クロトーネ戦で決めなければいけない」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.