プレミアリーグプレミアリーグ

17/05/16チェルシー退団のテリー、今季で現役引退も 「最終節がラストゲームになるかも」

チェルシー(イングランド)DFジョン・テリーが15日(月)、今季限りで現役を引退する可能性に言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

ユース時代からチェルシー一筋で過ごしてきたテリーだが、アントニオ・コンテ監督が就任した今季は出場機会が激減。昨季は契約を1年延長したが、今季は延長の見込みもなく、4月に今季限りでのチーム退団を発表していた。

12日(金)のWBA戦で優勝を決めていたコンテ監督は、15日のワトフォード戦でテリーを先発に起用。約8カ月ぶりにリーグ戦でスタメンリストに名を連ねたテリーは、22分にCKから先制点を奪い、今季初得点を記録。4-3の勝利に貢献した。

試合後、テリーは『スカイ・スポーツ』で、21日(日)のホーム最終戦サンダーランド戦が現役ラストゲームになる可能性もあると述べている。

「日曜の試合が最後の試合となり、引退することもあり得る。正しいオファー(が届くか)次第だ。国内か国外かは関係なく、それがあれば話し合って家族と考える。でも、まだ決断していない。今は自分の選択肢を検討している」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.