セリエAセリエA

17/04/21サンプドリア移籍報道の長友、去就は未定か ダービーに続き先発の見込み

インテル(イタリア)DF長友佑都が、22日(土)のセリエA第33節フィオレンティーナ戦で、前節のミラノダービーに続く出場の機会を得るかもしれない。

長友はミラノダービーで10試合ぶりに先発出場。ミランの主軸スソを終盤まで抑えた。アシストを許すなどしたものの、一定の評価を得ている。

インテル専門サイト『fcinternews.it』が『スカイ・スポーツ』の報道として伝えたところによると、DFクリスティアン・アンサルディが万全の状態でないため、ステファノ・ピオリ監督はフィオレンティーナ戦でも長友を左サイドバックに起用するかもしれないとのこと。

イタリアでは先日、サンプドリアが再び長友に関心を寄せているとの報道が浮上した。インテルとの契約は2019年までだが、今季は出場機会が少なかったこともあり、夏の去就が注目されている長友。『fcinternews.it』は、背番号55の将来はまだ決まっていないとし、今後のパフォーマンスやインテルの監督問題、他クラブからのオファー次第としている。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.