日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

17/04/20[讃岐]「あれは衝撃的だった」。尊敬する大木武監督との初対戦を前にした讃岐・北野誠監督が思い出を語る

「岐阜戦は楽しみ」

 いち監督として今節の岐阜戦を心待ちにする讃岐・北野誠監督。その理由は自身が「尊敬する指導者」として名を挙げる岐阜・大木武監督と“初対戦”となるからだ。

「柏とやった入れ替え戦(05年のJ1・J2入れ替え戦。大木監督がJ2の甲府を率いていた)。あれは衝撃的だった。甲府でやっていたときのクローズ(戦術)が印象的で、自分もやりたいと思った」

 その特徴的なサッカースタイルにシンパシーをおぼえるとともに、「大木さんが京都で監督をやっていたとき、自分たち(讃岐)はまだJFLだったけど、練習を観に行くといろいろな話をしてくれた。熊本で自分が監督をしていたときも大木さんは代表のコーチだったのでよく観に来てくれてアドバイスをもらった」と親交もある二人。

 また、昨季の夏場にチームがなかなか勝てない時期には練習試合でFC今治と対戦。当時、今治のアドバイザーとして現場に来ていた大木監督から「サッカーは良くなっている。これを続ければいい」と心強い言葉をもらったという。

 直接的な師弟関係こそないが、北野監督にとって大木監督が同じカテゴリーの指揮官として特別な感情を抱く存在であることは間違いない。当然、そんな人物との初対決に臨む北野監督のモチベーションはいつも以上に高まっているはずだ。

文・写真:松本隆志(エルゴラッソ讃岐担当)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.