ブンデスリーガブンデスリーガ

17/04/06武藤、7カ月ぶりにブンデスでゴール 今季3点目を挙げるもチームは4連敗

マインツ(ドイツ)FW武藤嘉紀が、5日(水)のブンデスリーガ第27節ライプチヒ戦で、昨年9月以来約7カ月ぶりのゴールを決めた。

67分から途中出場した武藤は、1-3と2点ビハインドで迎えたアディショナルタイム、CKに頭で合わせてチームの2点目を奪った。追いつくには至らず、マインツは2-3と敗れたが、武藤にとっては久しぶりのブンデスリーガでの得点だ。

シーズン前半戦に負傷で長期離脱も余儀なくされた武藤。残り1カ月半となった今季の終盤戦でさらにゴールを積み重ねていきたいところだ。

リーグ戦で4連敗となったマインツは、降格圏の17位インゴルシュタットと勝ち点4差。昇降格プレーオフに回る16位アウクスブルクとは同勝ち点で並んでいる。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.