メキシコ・その他

17/04/03柴崎が移籍後初先発で3位浮上に貢献 「今後に役立つ経験」

テネリフェ(スペイン2部)MF柴崎岳が、2日(日)の第32節レアル・オビエド戦で移籍後初先発を果たした。チームは1-0で勝利している。

冬のマーケットで加入した柴崎は、初スタメンとなったこの日の試合で75分までプレー。前半にPKで均衡を破ったチームが逃げ切り、初先発の試合を勝利で終えた。

勝ち点を52としたテネリフェは、3位に浮上している。

クラブ公式サイトによると、柴崎は試合後に「先発は久しぶりでしたが、良い仕事ができて、うれしいです。ここのリズムは日本と違うし、サポーターにもっと喜んでもらえるように、向上していかなければいけません」とコメントした。

「ここはインテンシティーが高いですが、日本から僕を見るために来てくださった方々もおり、うれしく思っています。でも、ここの人たちと日本の人たちのために、もっと良いプレーをするのが目標ですね。簡単な試合ではありませんでしたが、今日の経験は今後に役立つでしょう」

「チームメートたちとは素晴らしい関係です。良い人たちですよ。ここでのプレーに問題なく馴染めると思います。1部昇格に貢献したいですね。言葉も少しずつ学んでいます」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.