メキシコ・その他

17/03/27W杯に黄信号のオランダ、ブリント監督解任

オランダ代表がダニー・ブリント監督を解任した。オランダサッカー協会が26日(日)に発表した。

25日(土)のワールドカップ(W杯)欧州予選でブルガリアに敵地で0-2と敗れたオランダは、グループAで勝ち点7の4位に転落した。

欧州予選はグループ首位チームが本大会出場権を獲得、2位チームの上位8チームがプレーオフに臨む。オランダは2位スウェーデンにも勝ち点3差をつけられており、EURO2016に続く予選敗退の危機が叫ばれている。

これを受け、協会は26日にブリント監督を交えて緊急会議を開き、指揮官の解任を決定した。当面はU-21代表のフレッド・グリム監督が暫定的に指揮を執る。オランダは28日(火)に国際親善試合でイタリアと対戦する。

ブリント監督はEURO2016予選での苦戦を受けて解任されたフース・ヒディンク前監督の後任として、2015年7月からオランダを率いていた。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.