リーガエスパニョーラリーガエスパニョーラ

17/03/24ブッフォンが通算1000試合へ 「引退の仕方はジダンみたいに」?

ユベントス所属のイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、24日(金)の2018年ワールドカップ(W杯)欧州予選のアルバニア戦で、通算出場1000試合という大台を突破する。

イタリアメディアによると、ブッフォンはアルバニア戦が代表168キャップ目。元スペイン代表GKイケル・カシージャス(167キャップ)を上回り、現役の最多代表キャップ記録を更新する。

また一つ、偉大な記録に迫っているブッフォン。『ANSA通信』によると、ブッフォンは“ラストゲーム”について、「ジダンのように誰かに頭突きし、それについて二度としゃべらないという終わり方になるかもしれないよ」と冗談を飛ばしている。

現在レアル・マドリー(スペイン)で指揮を執る元フランス代表のジネディーヌ・ジダン監督は、2006年W杯決勝でイタリア代表(当時)DFマルコ・マテラッツィに頭突きを見舞って退場。これが現役最後の試合となった。

なお、ブッフォンは「でもまずはまたW杯に出場しないとね」と、ロシアで開催される2018年W杯への切符を得るために予選を突破することが優先だと強調した。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.