日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

17/03/18[山口]元横浜FCの山口・小野瀬康介、カズの50歳ゴールを刺激に初勝利を目指す

 横浜FCから山口に移籍した小野瀬康介が、カズ(三浦知良)のJリーグ最年長ゴールを刺激に初勝利を目指して練習に取り組んでいる。

 小野瀬は横浜FCジュニアユース・ユースからトップチームに昇格し、昨季まで横浜FC一筋でプロ生活を送ってきた。「初めてカズさんに会ったのは15歳の時。『お前が18歳になるまで現役でやってるから』と声を掛けてもらったのを覚えている。カズさんにはいつも声を掛けてもらい、本当に良くしてもらった」と振り返る。

 横浜FCではカズファミリーの一員として行動をともにした小野瀬。今回の移籍をカズに報告したところ「いなくなるのは寂しいけど、お前の選んだ道だから頑張って来い」と送り出されたという。

 カズのゴールは試合後すぐに知った。「横浜FCの試合結果は気になるので、すぐにタブレット(DAZN)で見た。相変わらず必要とされる場所にいて、落ち着いてシュートを決めて……。さすがとしか言えない。練習の時でもいつもそういう場所にいた」と敬服する。

 小野瀬は開幕から全試合に出場するが、チームは勝てずに20位に沈んでいる。「自分の特長も出したいけど、チームが目指す形も優先しなければとも思うので、少し迷いながらやっている」と吐露するが、「山口には素晴らしいサポーターがいる。勝ちにこだわってがむしゃらにやりたい」と意気込む。

 次節はホームに東京Vを迎える。小野瀬の迷いを振り切ったシュートに期待したい。

文・写真:田辺久豊(エルゴラッソ山口担当)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.