日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

17/03/16[C大阪]日本代表に選出された清武弘嗣と山口蛍。まず見据えるは、次節の鳥栖戦

 16日、ロシアW杯アジア最終予選のUAE戦とタイ戦に臨む日本代表が発表され、C大阪から清武弘嗣と山口蛍が選ばれた。

「去年はホームでUAEに負けて始まり、1年をとおして苦しみながら戦った。今年は借りを返さないといけないし、勝てばそのあとの流れも良くなる」と山口が話せば、清武も、「ここから、アウェイで強い相手が残っている。その初戦、次のUAE戦は引き分けでもダメ。勝ち点3を目指す」とキッパリ。

 また、15日に行われたルヴァンカップ第1節の横浜FM戦では、ここまで出場機会が少ない選手たちがピッチに立ち、ユン・ジョンファン新体制での初勝利をもたらした。この勝利がチームに与えた影響は大きく、16日の練習は、激しく、熱を帯びた。

「いまのチームには激しさが欠けていた。昨日、試合に出た選手たちからは気持ちを感じたし、勝って、良い流れを作ってくれた。チーム全体にすごく良い刺激になった。僕たちももっとやらないといけない」(山口)

「昨日出た選手たちは一人ひとり戦っていた。(秋山)大地なんかはキャプテンマークを巻いて、球際でも気迫を感じた。いまの僕たちは“戦う”ことが必要。今日のような激しさが毎日の練習で出てくるように、変わっていかないといけない」(清武)

 そして、両者ともにまず見据える先は、18日に行われるJ1第第4節の鳥栖戦だ。

「鳥栖はユンさんの古巣でもある。ユンさんにリーグ戦で勝たせてあげたい気持ちは人一倍強い」(山口)

「セレッソの一員としてW杯を目指すことになる。セレッソのエンブレムを背負って、蛍と一緒にまずは土曜日、鳥栖に勝って、UAEに向かいたい」(清武)

 クラブにリーグ戦での今季初勝利をもたらし、日本代表へ合流する。

文:小田尚史(エルゴラッソC大阪担当)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.