プレミアリーグプレミアリーグ

17/03/05レスター、ラニエリ解任から2連勝 「残りの11試合に向けて自信に」

4日(土)のイングランド・プレミアリーグ第27節で、岡崎慎司所属のレスター・シティがハル・シティに3-1と勝利した。クラウディオ・ラニエリ前監督の解任後、2連勝となる。

前節でリバプールを撃破したレスターは、残留争いのライバルとなるハルとの直接対決で、14分に先制点を献上。だが、27分にDFクリスティアン・フクスのゴールで追いつくと、59分にMFリヤド・マフレズのゴールで逆転する。90分にはオウンゴールで勝利を確実にした。

勝ち点を27としたレスターは、降格圏との勝ち点差を5に広げた。なお、岡崎は2試合連続で先発出場し、70分に交代している。

暫定的に指揮を執るクレイグ・シェイクスピア監督は、試合後に次のように述べた。イギリス『BBC』が伝えている。

「選手たちは気迫を見せて巻き返した。結果は自信につながる。この連勝は残りの11試合に向けての自信になるね。リバプール戦でも重圧の中で勝てたのは大きかったが、連勝は本当に重要なことだ」

正式な新監督の人選が待たれるレスター。シェイクスピア監督はこう答えている。

「これから数日ある。来週待つに話し合うと言われているよ。残りの11試合が難しいことは分かっている。気を付けなければいけない」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.