セリエAセリエA

17/03/04ミラン、身売りは正式に延期 モンテッラは「考えるべきはピッチ上のこと」

ミラン(イタリア)が3日(金)に株主総会を開き、クラブ売却の完了(クロージング)が延期となった。ビンチェンツォ・モンテッラ監督はピッチ外のことに気をそらされてはいけないと述べている。

31年にわたるシルビオ・ベルルスコーニ政権に終止符が打たれる予定だったミラン。だが、アドリアーノ・ガッリアーニCEOは3日の株主総会で、クロージングの延期を発表。中国投資グループとの交渉は続けるとしたが、少なくとも当面は「チャイナミラン」が誕生しないと認めた。

イタリアメディアによると、投資グループ側は1億ユーロ(約120億円)の手付金を来週までに支払うことで、1カ月程度の延期を求めている。ミランの親会社フィニンベストとは協議中のようだ。

クラブの将来が不透明なままとあり、サポーターからは批判や皮肉の声が寄せられている。一方で、4日(土)にホームでキエーボと対戦するモンテッラ監督は、前日会見で次のように述べた。クラブ公式サイトが伝えている。

「私が考えるべきは今のピッチ上のことだ。いろいろな記事を読むし、状況の進展を追っているが、私の目標はチームを指導することであり、ミランのために全力を尽くすことだ。この選手たちを指導できることを誇りに思っている。それは強調しておきたい」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.