プレミアリーグプレミアリーグ

17/02/27マンチェスター・Uが5度目のリーグ杯制覇 2得点イブラは「もっとタイトルを」

26日(日)に行われたイングランド・リーグカップ決勝は、マンチェスター・Uが吉田麻也所属のサウザンプトンを3-2と下し、7年ぶり5度目の優勝を飾った。吉田はフル出場した。

マンチェスター・Uは19分にFWズラタン・イブラヒモビッチの直接FKで先制。さらに38分、FWジェシー・リンガードがリードを広げる。

だが、サウザンプトンも冬の新戦力であるFWマノーロ・ガッビアディーニが大活躍。前半終了間際、右からのクロスに合わせて1点を返すと、後半立ち上がりの48分にもCKの流れから反転ボレーで同点弾。一気に試合を振り出しに戻す。

追いつかれたマンチェスター・Uだが、87分に再び勝ち越し。右からのクロスにイブラヒモビッチが頭で合わせて3-2。どの国でも常に優勝を経験してきたエースの活躍で、夏のコミュニティーシールドに続くタイトルを手に入れた。

イブラヒモビッチは試合後、次のように述べている。クラブ公式サイトが伝えた。

「僕はどこに行っても勝ってきた。長く、素晴らしいキャリアを過ごしてきたから幸せだよ。でも、これが僕だ。満足はしていない。僕はもっと欲しいんだ。この年になっても、まだハングリーだよ」

「このクラブで2つ目のトロフィーだ。すごく幸せだよ。僕は勝つために来た。そして今勝っている。サウザンプトンも良い試合をしたし、称賛したいけど、トロフィーは僕らのものだ」

一方、ジョゼ・モウリーニョ監督は次のように述べている。

「少し感情的になっている。これほど何度もタイトルを獲得するのは簡単なことではない。難しい試合だったし、サウザンプトンをたたえたい。勝利は常に特別だ。とても幸せだよ。ファン、クラブ、選手たちにとって大きなことだ」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.