セリエAセリエA

17/02/25ミランCEO、現時点での本田のMLS移籍を否定…中国の新オーナー次第との声も

ミラン(イタリア)のアドリアーノ・ガッリアーニCEOが24日(金)、MLS移籍の可能性が報じられたMF本田圭佑の残留を強調した。

今季はビンチェンツォ・モンテッラ監督の下でリーグ戦出場5試合と出番がない本田。ミランとの契約が今季で満了となる背番号10は、直近になってMLSのシアトル・サウンダーズ移籍の可能性が報じられた。

シーズン中だが、ミランとしては本田のサラリー負担を軽減する機会となる。だが、ガッリアーニCEOは次のように現時点での本田の移籍を否定した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

「まったくない。本田は6月まで残る。契約が満了するまでミランに残るよ。我々はすでに彼や監督とそう合意しているんだ」

ただし、ミランは3月3日(金)までに中国資本の身売りが完了する予定。『ガゼッタ』は、新たに生まれるチャイナミランの意向も知る必要があると報じた。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.