ブンデスリーガブンデスリーガ

17/01/29ケルン大迫が大爆発、2G1Aで6発大勝に貢献 MOMに選出

ケルン(ドイツ)FW大迫勇也が、28日(土)のブンデスリーガ第18節ダルムシュタット戦で先発出場し、2得点1アシストと活躍した。チームは6-1と大勝している。

大迫は32分、右サイドからのクロスにニアサイドで反応すると、これが相手選手に当たってゴールイン。オウンゴールの形でケルンに先制点をもたらす。

すると36分、今度は左からのクロスに、完全にフリーとなった大迫が強烈なヘッドで追加点。9月の第5節以来、13試合ぶりとなるゴールを挙げる。

両チームが1点ずつを加えて迎えた72分には、ミドルシュートで自身2点目を奪取。ブンデスで初の1試合2得点を記録した。これで今季通算4得点。昨季を上回り、ブンデスリーガでの自身最多得点となった。

終了間際に大迫のスルーパスから6点目を奪ったケルンは、7試合ぶりの白星。勝ち点29で7位につけている。ブンデスリーガ公式サイトは、大迫をマン・オブ・ザ・マッチに選出している。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.