リーガエスパニョーラリーガエスパニョーラ

17/01/24R・マドリー、マルセロが1カ月離脱の見込み モドリッチは10日で復帰か

R・マドリー(スペイン)は23日(月)、DFマルセロとMFルカ・モドリッチが太ももの筋肉を負傷したと明かした。スペイン『マルカ』によると、前者は復帰まで1カ月を要するようだ。

マルセロとモドリッチは21日(土)のリーガエスパニョーラ第19節マラガ戦で負傷。マルセロは前半25分で、モドリッチは後半終盤にそれぞれ交代している。

クラブは23日、検査の結果、マルセロは足大腿二頭筋に重度2の損傷が確認されたと発表。モドリッチは右足長内転筋の過負担と明かされている。ともに復帰時期は公表されていない。

『マルカ』によると、モドリッチは10日ほどで復帰できる見込み。だが、マルセロは1カ月ほどの離脱となるようだ。25日(水)の国王杯準々決勝第2戦(対セルタ)はもちろんのこと、2月15日(水)に予定されているナポリ(イタリア)とのUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第1戦にも間に合わない見込みという。

マラガ戦ではDFセルヒオ・ラモスの2得点で2-1と勝利し、公式戦での連敗を2で止めたR・マドリー。主力2選手の離脱はどう影響するだろうか。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.