リーガエスパニョーラリーガエスパニョーラ

17/01/14バルセロナ、メッシに関する発言で幹部を解任 「クラブの見解と一致せず」

バルセロナ(スペイン)が13日(金)、FWリオネル・メッシに関する発言で幹部の一人を解任した。イギリス『BBC』が報じている。

解任されたのは、スペインサッカー連盟とのスポーツ部門調整役を務めていたペレ・グラタコス氏。バルセロナによると、同氏は解雇されたのではなく、今後は下部組織のプロジェクトに従事するとのこと。

グラタコス氏は先日、国王杯5回戦第2戦の試合後、契約延長問題が騒がれるメッシについて、「メッシだけではない」とコメント。「アンドレス・イニエスタやネイマールがいなければ、メッシも同じようにうまくはできない」「レオがチームで最も重要な選手であることは明らかだ。だが、(ラウンド突破は)ルイス・スアレスやジェラール・ピケ、チーム全体のおかげだよ」と述べていた。

バルセロナはこの発言について、「クラブの見解と一致していない」として、「個人的な意見」を表明したグラタコス氏をこれまでの職から外すと明らかにしている。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.