プレミアリーグプレミアリーグ

17/08/10【プレミアコラム】プレミア開幕へ。注目は“400億円補強”のマンチェスター・シティ

トッテナムからマンCに移籍したカイル・ウォーカー(写真:Getty Images)

 2年ぶりにチェルシーがプレミアリーグ制覇を成し遂げてから約3カ月。今週の8月11日に行われるアーセナル対レスターの一戦を皮切りに、ついに17-18シーズンのイングランド・プレミアリーグが開幕する。

 今シーズンの最注目は何と言ってもマンチェスター・シティだろう。昨季、指揮官として初めてタイトルを獲得できなかったグアルディオラ監督率いるシティは、今オフに約400億円規模の投資をして多くの選手を獲得。モナコからベルナルド・シルバやベンジャミン・メンディといった主力核を補強し、右SBにはトッテナム・ホットスパーからカイル・ウォーカーを加えるなど、その盤石な布陣は優勝候補筆頭と言っても過言ではないだろう。

 対して、昨季の王者・チェルシーはピンポイントで選手を補強。ジエゴ・コスタが移籍濃厚のセンターFWにはレアル・マドリーからアルバロ・モラタを獲得し、ディフェンスにはローマからドイツ代表のアントニオ・リュディガーを加えた。CLとプレミアリーグを並行して戦わなければいけない中で、まだまだ人員が足りていない印象もあるが、今季もコンテ監督の手腕に期待したいところだ。

 今季最初のタイトルとなる昨季のプレミア覇者とFAカップの覇者が対戦するコミュニティ・シールドでは、昨季5位のアーセナルがチェルシーを撃破。エジルやサンチェスといった他クラブへの移籍が噂されている選手もいるが、クラブ史上移籍金最高額で獲得したアレクサンドル・ラカゼットがさっそく好プレーを見せるなど、今季も虎視眈々とタイトル獲得を狙っている。

 トッテナム、リバプール、マンチェスター・ユナイテッドといった強豪たちもしっかりと昨季からの上積みを図り、エバートンやレスターといった中位陣はサプライズを起こすための戦力補強に余念がない。そんな混戦必至のプレミアリーグを制するのは果たしてどのチームになるのか。今季も最後まで目の離せないシーズンが幕を開ける。

文・林 遼平

プレミアリーグ関連生放送予定

17/18 イングランド プレミアリーグ 開幕戦

・アーセナル vs レスター
 8月11日(金) 深夜3:38〜(生中継 J SPORTS 4) 
・チェルシー vs バーンリー
 8月12日(土) 夜10:53〜(生中継 J SPORTS 2) 

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.