日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

17/05/02【U-20日本代表】U-20W杯に臨む久保建英、「出るからには一番の目標は優勝」

目標を色紙にしたためた久保(左)と波多野(右)(Photo:Yuki Nishikawa)

日本の最年少出場記録達成へ

 JFAは2日、20日に開幕するFIFA U-20W杯を戦うU-20日本代表メンバーを発表した。スペインの強豪・バルセロナの育成組織出身で15歳のFW久保建英(FC東京U-18)も飛び級で招集され、日本サッカーの将来を背負う期待の才能が初の世界大会に臨む。

 この日久保は、翌日に控えたルヴァンカップ・札幌戦でのJ1公式戦デビューに備え、FC東京のトップチームの選手とともに調整した。練習後の取材対応にはテレビカメラ7台が並ぶなど、あらためて注目の高さをうかがわせた。

「代表に選ばれたことは素直にうれしいです」と笑顔を見せた久保。予選グループには南アフリカ、ウルグアイ、そしてイタリアといずれも強豪がそろう中、「出るからには一番の目標は優勝だと思っていて、そのためにはどのようなグループに入っても倒さなきゃいけない相手ではあると思います」と、いきなり“優勝”の二文字を出しながら強い意気込みを示した。

 実に日本にとって5大会ぶりの出場となる今大会。これまでの日本の最年少出場記録は、79年日本大会の名取篤、風間八宏、97年マレーシア大会の南雄太、05年オランダ大会の森本貴幸(すべて前身大会のFIFAワールドユース)。いずれも17歳となっている。今回、久保は21日の初戦・南アフリカ戦を15歳で迎えるため、出場すれば記録は塗り替えられる。

 世界中の名選手が出場してきた登竜門のような大会に向けて、久保はこう話した。

「サッカーはある意味、運が味方するかしないかのスポーツだと思います。自分はこれまで何度も運を味方につけてきた結果、ここいにいると思っています。(日本が)5大会ぶりの出場だということもあり、注目度は増している中で結果も残せれば、またこっちに運が向いてくると思います。全力で戦いたい」

 左足のテクニックを生かしたドリブルやパス、さらには得点感覚にも優れた久保。世界を相手にそのプレーぶりが注目される。本人は謙虚さをにじませながらも、自信も垣間見せた。

「周りと違うという感じではないんですけど、誰が見ても『あっ、すごいな』と思えるようなプレーを何度か出せたらと思います。プレーの基準を作ってしまうと、それよりも上に行くことがあまりなくなってしまう。上の基準は作らずに、最低限みんなが見ていて楽しいと思えるプレーを見せて、チームの勝利に貢献したいです」

 バルセロナ出身でドリブルが得意なレフティー。どうしても、同じ条件を持つリオネル・メッシに重ねられることが多い久保。ただ本人は臆することなく、「自分の好きな選手は、やっぱりメッシ選手」と堂々と語る。そのメッシは05年大会、6得点を挙げて得点王とMVPに輝き、アルゼンチンを優勝に導いている。当時18歳だったメッシも一世代飛び級での出場だった。

 今回久保は、二世代飛び超えての出場となる。優勝を実現すれば、目標とするメッシを超える快挙にもなる。

「日本を代表する選手になるだけでなく、世界でもトップレベルの選手になりたい」

 高い壁であることは間違いないが、弱冠15歳の若き天才は虎視眈々と頂を目指している。(西川 結城)

U-20 ワールドカップ韓国2017 日本代表関連放送予定

グループD

・日本代表 vs 南アフリカ代表
 5月21日(日) 夜16:50〜夜19:10(生中継 フジテレビNEXT
・日本代表 vs ウルグアイ代表
 5月24日(水) 夜19:50〜夜22:10(生中継 フジテレビONE
・日本代表 vs イタリア代表
 5月27日(土) 夜19:50〜夜22:10(生中継 フジテレビTWO

 

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.